しくマルハチ<滋賀県東近江> マルハチ醤油醸造元 塩分控えめこだわり天然醸造醤油・地酒・焼酎・近江米の通販・店頭販売

お店の歴史
マルハチ醤油の歴史
醤油ができるまで

再仕込醤油
自動火入れ機
木桶
お水

特選濃口本醸造
濃口本醸造特級
淡口本醸造特級
マルハチだし・つゆ
地酒
ギフト商品

初めてのお客様へ
個人情報について
お店紹介
お取り扱い店
お問い合せ
特定商取引法

自動火入れ機/おいしさの秘密
     自動火入れ機
    マルハチ醤油のおいしさのヒミツ

 コンピュータに火入れのやり方をインプットしておくことで、蒸気と冷却水の切り替えが自由に調節できます。
 特に品質の高い醤油と淡口醤油に一番特徴の出る温度管理が可能になりました。品温65度〜70度の温度帯は昔から酵素活性の盛んな醤油の旨みが醸し出される最適温度と謂れ、この装置では2つの温度帯を30分保っています。(従来の設備なら数分)
マルハチ醤油のおいしさの秘密がここに隠されています。

 もうひとつが90度の達温後の冷却です。濃口の場合20分で80度に−特に淡口の場合30分で65度に下げることによって自然冷却の場合の長時間の高温による褐変を防ぐ優れた効果があります。マルハチ醤油の淡色と冴えの訳がここに有ります。

グラフ1

グラフ2

⇒「木桶」へ

COPYRIGHT(C) マルハチ醤油醸造元 しくマルハチ ALL RIGHTS RESERVED.