しくマルハチ<滋賀県東近江> マルハチ醤油醸造元 塩分控えめこだわり天然醸造醤油・地酒・焼酎・近江米の通販・店頭販売

お店の歴史
マルハチ醤油の歴史
醤油ができるまで

再仕込醤油
自動火入れ機
木桶
お水

特選濃口本醸造
濃口本醸造特級
淡口本醸造特級
マルハチだし・つゆ
地酒
ギフト商品

初めてのお客様へ
個人情報について
お店紹介
お取り扱い店
お問い合せ
特定商取引法

お店の歴史/進化の軌跡
    お店の歴史
    創 業

-明治25年-
 珠玖家の初代茂三郎が灰谷家から醤油蔵や器材一切、土地、建物とマルハチの商標を引き継ぐ形で購入し、愛知郡八木荘村大字栗田(現愛荘町)から、蒲生郡中野村大字中野(現東近江市)へ移り住んだと記録されています。

 翌明治26年1月20日付けで、滋賀県庁から珠玖茂三郎宛に「醤油製造営業免許鑑札」が発行されました。

 昭和62年2月25日発行の「八日市市史-第四巻- 近現代」の360頁には「西中野町のマルハチ醤油醸造場の創業は明治初年にさかのぼるといわれ、戦前は年間600石、現在は約120石生産している」と記載されております。

    近 代  (〜現在)

 西中野町3-14にございます旧店舗は、平成12年4月28日付けで文化庁の有形文化財の原簿に登録されました。
      <登録番号>
       主 屋:第25-0131
       蔵  :第25-0132

    旧醸造所見取り図

上記の画像をクリックしていただくと拡大表示をいたします。

⇒「マルハチ醤油の歴史」へ

COPYRIGHT(C) マルハチ醤油醸造元 しくマルハチ ALL RIGHTS RESERVED.